附置研究所・研究センター


最終更新日
2015/12/03


更新情報

2015年10月02日 第67回品川セミナー申込を開始しました

2015年09月04日 第66回品川セミナー申込を開始しました

2015年09月03日 第68回品川セミナー情報を追加しました

2015年08月27日 第67回品川セミナー情報を追加しました

2015年08月07日 第65回品川セミナー申込を開始しました

2015年08月06日 第66回品川セミナー情報を追加しました

2015年07月15日 第65回品川セミナー情報を追加しました

2015年07月03日 第64回品川セミナー申込を開始しました

2015年06月05日 第63回品川セミナー申込を開始しました

2015年06月03日 第64回品川セミナー情報を追加しました

2015年05月13日 第63回品川セミナー情報を追加しました

2015年05月08日 第62回品川セミナー申込を開始しました

2015年04月15日 第62回品川セミナー情報を追加しました

2015年04月03日 第61回品川セミナー申込を開始しました

2015年03月09日 第61回品川セミナー情報を追加しました

2015年03月06日 第60回品川セミナー申込を開始しました

2015年02月06日 第60回品川セミナー情報を追加しました

2015年02月06日 第59回品川セミナー申込を開始しました

2015年02月06日 第59回品川セミナー情報を追加しました

2015年01月09日 第58回品川セミナー申込を開始しました

2014年12月15日 第58回品川セミナー情報を追加しました

2014年12月5日 第57回品川セミナー申込を開始しました

2014年11月25日 第57回品川セミナー情報を追加しました

2014年11月7日 第56回品川セミナー申込を開始しました

2014年10月10日 第56回品川セミナー情報を追加しました

2014年10月3日 第55回品川セミナー申込を開始しました

2014年9月5日 第54回品川セミナー申込を開始しました

2014年9月1日 第55回品川セミナー情報を追加しました

2014年8月1日 第53回品川セミナー申込を開始しました

2014年7月25日 第54回品川セミナー情報を追加しました

2014年7月22日 第53回品川セミナー情報を追加しました

2014年7月4日 第52回品川セミナー申込を開始しました

2014年6月6日 第51回品川セミナー申込を開始しました

2014年5月22日 第52回品川セミナー情報を追加しました

2014年5月2日 第50回品川セミナー申込を開始しました

2014年4月4日 第49回品川セミナー申込を開始しました

2014年1月15日 第9回附置研究所・センターシンポジウム「京都からの提言」(仙台)申込を開始しました

2014年1月10日 第46回品川セミナー申込を開始しました

2014年1月10日 第47回品川セミナー情報を追加しました

2013年12月6日 第46回品川セミナー情報を追加しました

2013年12月6日 第45回品川セミナー申込を開始しました

2013年11月27日 第45回品川セミナー情報を追加しました

2013年11月1日 第44回品川セミナー申込を開始しました

2013年10月10日 第44回品川セミナー情報を追加しました

2013年10月3日 第43回品川セミナー申込を開始しました

2013年9月6日 第43回品川セミナー情報を追加しました

2013年9月6日 第42回品川セミナー申込を開始しました

2013年8月6日 第42回品川セミナー情報を追加しました

2013年8月2日 第41回品川セミナー申込を開始しました

2013年7月19日 第41回品川セミナー情報を追加しました

2013年7月5日 第40回品川セミナー申込を開始しました

2013年7月2日 第40回品川セミナー情報を追加しました

2013年6月1日 第39回品川セミナー申込を開始しました

2013年5月15日 第39回品川セミナー情報を追加しました

2013年5月2日 第38回品川セミナー申込を開始しました

2013年4月5日 第37回品川セミナー申込を開始しました

2013年3月6日 第38回品川セミナー情報を追加しました

2013年3月1日 第36回品川セミナー申込を開始しました

2013年2月5日 第37回品川セミナー情報を追加しました

2013年2月1日 第35回品川セミナー申込を開始しました

2013年1月21日 品川セミナー第36回情報を追加しました

2013年1月18日 品川セミナー第35回情報を追加しました

2013年1月11日 第34回品川セミナー申込を開始しました

2012年12月12日 第8回附置研究所・センターシンポジウム「京都からの提言」(北海道)申込を開始しました

2012年12月10日 第33回品川セミナー申込を開始しました

2012年12月5日 品川セミナー第34回情報を追加しました

2012年11月9日 品川セミナー第33回情報を追加しました

2012年11月2日 第32回品川セミナー申込を開始しました

2012年10月5日 第31回品川セミナー申込を開始しました

2012年10月2日 品川セミナー第32回情報を追加しました

2012年9月7日 第30回品川セミナー申込を開始しました

2012年8月27日 品川セミナー第31回情報を追加しました

2012年8月3日 第29回品川セミナー申込を開始しました

2012年7月30日 品川セミナー第30回情報を追加しました

2012年7月19日 品川セミナー第29回情報を追加しました

2012年7月6日 第28回品川セミナー申込を開始しました

2012年6月1日 第27回品川セミナー申込を開始しました

2012年5月18日 品川セミナー第28回情報を追加しました

2012年5月11日 第26回品川セミナー申込を開始しました

2012年5月7日 品川セミナー第27回情報を追加しました

2012年5月1日 品川セミナー第26回情報を追加しました

2012年4月6日 第25回品川セミナー申込を開始しました

2012年3月2日 品川セミナー第25回情報を追加しました

2012年3月2日 第24回品川セミナー申込を開始しました

2012年2月29日 品川セミナー第24回情報を追加しました

2012年2月8日 第23回品川セミナー申込を開始しました

2012年2月6日 品川セミナー第23回情報を追加しました

2012年1月6日 第22回品川セミナー申込を開始しました

2011年12月6日 品川セミナー第22回情報を追加しました

2011年12月2日 第21回品川セミナー申込を開始しました

2011年11月15日 品川セミナー第21回情報を追加しました

2011年11月7日 第20回品川セミナー申込を開始しました

2011年10月2日 品川セミナー第19回情報を追加しました

2011年10月2日 品川セミナー第20回情報を追加しました

2011年9月2日 第18回品川セミナー申込を開始しました

2011年8月29日 品川セミナー第18回情報を追加しました

2011年8月5日 第17回品川セミナー申込を開始しました

2011年7月5日 品川セミナー第17回情報を追加しました

2011年7月4日 第16回品川セミナー申込を開始しました

2011年6月6日 品川セミナー第19回情報を追加しました

2011年6月3日 第15回品川セミナー申込を開始しました

2011年5月25日 品川セミナー第15回情報を追加しました

2011年5月13日 第14回品川セミナー申込を開始しました

2011年5月9日 第6回附置研究所・センターシンポジウム(京都)申込を開始しました

2011年4月22日 品川セミナー第14回情報を追加しました

2011年4月14日 第13回品川セミナー申込を開始しました

2011年3月7日 品川セミナー第13回情報を追加しました

2011年1月24日 品川セミナー第12回情報を追加しました

2011年1月11日 第10回品川セミナー申込を開始しました

2010年12月10日 第9回品川セミナー申込を開始しました

2010年12月1日 第6回附置研究所・センターシンポジウム申込を開始しました

2010年11月10日 第8回品川セミナー申込を開始しました

2010年10月15日 品川セミナー第10回情報を追加しました

2010年10月12日 品川セミナー第9回情報を追加しました

2010年10月12日 品川セミナー第8回情報を追加しました

2010年10月12日 第7回品川セミナー申込を開始しました

2010年9月30日 品川セミナー第11回情報を追加しました

2010年9月13日 第6回品川セミナー申込を開始しました

2010年8月27日 品川セミナー第7回情報を追加しました

2010年8月9日 第5回品川セミナー申込を開始しました

2010年8月2日 第6回附置研究所・センターシンポジウム「京都からの提言」情報を追加しました

京都大学附置研究所・センター
Kyoto University Institutes and Centers (KUIC)


第50回品川セミナー
平成26年7月4日(金) 17:30より
小柳 義夫(ウイルス研究所長・教授)

エイズウイルスの過去と現在

HIVの起源はアフリカのサルのウイルス

ヒト免疫不全ウイルス(HIV)は、大きく2種類に分類される。全世界に爆発的に広がり恐れられたエイズ(後天性免疫不全症候群:acquired immunodeficiency syndrome) の原因となったHIV-1 と西アフリカに多い病原性の弱いHIV-2 である。HIV-1 の起源は中央アフリカのチンパンジーのウイルス、HIV-2 の起源は西アフリカのスティーマンガベイというオナガザルのウイルスであると考えられている。ところでアフリカに生息する多くのサルには、免疫不全ウイルスが数万年前から感染しており、HIV-1がチンパンジーからヒト世界へ侵入したのは100 年ほど前で、チンパンジー集団への侵入は、他の複数のサルの免疫不全ウイルスが、500 年ほど前に混合感染した結果だと考えられています。すなわち、「エイズウイルスの起源はアフリカのサルのレトロウイルス群の中にある」ということになります。アフリカにはブッシュミートといって、森林の中でサルを捕って食肉にする人たちがいた。その人たちが捕ったサルを捌く時にサルの血を浴びて、サルからヒトへ感染したのではないかといわれています。それがアフリカで100 年くらい前に起きた。

HIVの出アフリカ記

アフリカと中米は奴隷貿易の時代から往来が頻繁に行われていたし、植民地支配をしていたヨーロッパ諸国も同様で、HIV-1やHIV-2 は人の流れに乗ってこっそり拡散していたと考えられています。1981 年、HIV-1によりエイズになった患者がアメリカのホモセクシュアルの人たちに次々と見つかってセンセーションを巻き起こしました。しかしそれ以前に、現コンゴ民主共和国などの中央アフリカや、そこから中米ハイチに移動した感染者がいたことがすでにわかっています。

HIVの感染とエイズの発症

HIV-1 ならびにHIV-2はエイズの原因ウイルスですが、感染後すぐに免疫不全症を発症するわけではありません。 HIV-1の場合、通常7〜8 年にわたる無症候期を経て、CD4 細胞数がμℓ 当たり200 個以下(正常値500 〜1200 個)に低下するころに、免疫不全による日和見感染症や悪性腫瘍などの合併症が併発し、脳症や消化器疾患なども発症します。感染初期には多くが無症状ですが、血液や体液中に多くのウイルスがあるので、ウイルスを伝播させるドナーになる可能性が高いことがわかっています。生体内ではHIV 抗体が誘導される前に高ウイルス血症が起き、血中のCD4 細胞は減少します。やがて、HIV 感染細胞を破壊するキラーT細胞などが誘導され、さらに抗体ができると、ウイルス血症のレベルは低下します。しかし活発なウイルス複製が実は毎日起きてエイズへ向かっているのです。 HIV の複製を阻害するには逆転写酵素、インテグレース、ウイルスタンパク質を作るのに必要な酵素プロテアーゼなどの働きを阻害する薬剤の併用療法があります。この併用療法で死亡に至る患者さんは格段に少なくなりました。早期発見が重要です。