附置研究所・研究センター


最終更新日
2015/12/03


更新情報

2015年10月02日 第67回品川セミナー申込を開始しました

2015年09月04日 第66回品川セミナー申込を開始しました

2015年09月03日 第68回品川セミナー情報を追加しました

2015年08月27日 第67回品川セミナー情報を追加しました

2015年08月07日 第65回品川セミナー申込を開始しました

2015年08月06日 第66回品川セミナー情報を追加しました

2015年07月15日 第65回品川セミナー情報を追加しました

2015年07月03日 第64回品川セミナー申込を開始しました

2015年06月05日 第63回品川セミナー申込を開始しました

2015年06月03日 第64回品川セミナー情報を追加しました

2015年05月13日 第63回品川セミナー情報を追加しました

2015年05月08日 第62回品川セミナー申込を開始しました

2015年04月15日 第62回品川セミナー情報を追加しました

2015年04月03日 第61回品川セミナー申込を開始しました

2015年03月09日 第61回品川セミナー情報を追加しました

2015年03月06日 第60回品川セミナー申込を開始しました

2015年02月06日 第60回品川セミナー情報を追加しました

2015年02月06日 第59回品川セミナー申込を開始しました

2015年02月06日 第59回品川セミナー情報を追加しました

2015年01月09日 第58回品川セミナー申込を開始しました

2014年12月15日 第58回品川セミナー情報を追加しました

2014年12月5日 第57回品川セミナー申込を開始しました

2014年11月25日 第57回品川セミナー情報を追加しました

2014年11月7日 第56回品川セミナー申込を開始しました

2014年10月10日 第56回品川セミナー情報を追加しました

2014年10月3日 第55回品川セミナー申込を開始しました

2014年9月5日 第54回品川セミナー申込を開始しました

2014年9月1日 第55回品川セミナー情報を追加しました

2014年8月1日 第53回品川セミナー申込を開始しました

2014年7月25日 第54回品川セミナー情報を追加しました

2014年7月22日 第53回品川セミナー情報を追加しました

2014年7月4日 第52回品川セミナー申込を開始しました

2014年6月6日 第51回品川セミナー申込を開始しました

2014年5月22日 第52回品川セミナー情報を追加しました

2014年5月2日 第50回品川セミナー申込を開始しました

2014年4月4日 第49回品川セミナー申込を開始しました

2014年1月15日 第9回附置研究所・センターシンポジウム「京都からの提言」(仙台)申込を開始しました

2014年1月10日 第46回品川セミナー申込を開始しました

2014年1月10日 第47回品川セミナー情報を追加しました

2013年12月6日 第46回品川セミナー情報を追加しました

2013年12月6日 第45回品川セミナー申込を開始しました

2013年11月27日 第45回品川セミナー情報を追加しました

2013年11月1日 第44回品川セミナー申込を開始しました

2013年10月10日 第44回品川セミナー情報を追加しました

2013年10月3日 第43回品川セミナー申込を開始しました

2013年9月6日 第43回品川セミナー情報を追加しました

2013年9月6日 第42回品川セミナー申込を開始しました

2013年8月6日 第42回品川セミナー情報を追加しました

2013年8月2日 第41回品川セミナー申込を開始しました

2013年7月19日 第41回品川セミナー情報を追加しました

2013年7月5日 第40回品川セミナー申込を開始しました

2013年7月2日 第40回品川セミナー情報を追加しました

2013年6月1日 第39回品川セミナー申込を開始しました

2013年5月15日 第39回品川セミナー情報を追加しました

2013年5月2日 第38回品川セミナー申込を開始しました

2013年4月5日 第37回品川セミナー申込を開始しました

2013年3月6日 第38回品川セミナー情報を追加しました

2013年3月1日 第36回品川セミナー申込を開始しました

2013年2月5日 第37回品川セミナー情報を追加しました

2013年2月1日 第35回品川セミナー申込を開始しました

2013年1月21日 品川セミナー第36回情報を追加しました

2013年1月18日 品川セミナー第35回情報を追加しました

2013年1月11日 第34回品川セミナー申込を開始しました

2012年12月12日 第8回附置研究所・センターシンポジウム「京都からの提言」(北海道)申込を開始しました

2012年12月10日 第33回品川セミナー申込を開始しました

2012年12月5日 品川セミナー第34回情報を追加しました

2012年11月9日 品川セミナー第33回情報を追加しました

2012年11月2日 第32回品川セミナー申込を開始しました

2012年10月5日 第31回品川セミナー申込を開始しました

2012年10月2日 品川セミナー第32回情報を追加しました

2012年9月7日 第30回品川セミナー申込を開始しました

2012年8月27日 品川セミナー第31回情報を追加しました

2012年8月3日 第29回品川セミナー申込を開始しました

2012年7月30日 品川セミナー第30回情報を追加しました

2012年7月19日 品川セミナー第29回情報を追加しました

2012年7月6日 第28回品川セミナー申込を開始しました

2012年6月1日 第27回品川セミナー申込を開始しました

2012年5月18日 品川セミナー第28回情報を追加しました

2012年5月11日 第26回品川セミナー申込を開始しました

2012年5月7日 品川セミナー第27回情報を追加しました

2012年5月1日 品川セミナー第26回情報を追加しました

2012年4月6日 第25回品川セミナー申込を開始しました

2012年3月2日 品川セミナー第25回情報を追加しました

2012年3月2日 第24回品川セミナー申込を開始しました

2012年2月29日 品川セミナー第24回情報を追加しました

2012年2月8日 第23回品川セミナー申込を開始しました

2012年2月6日 品川セミナー第23回情報を追加しました

2012年1月6日 第22回品川セミナー申込を開始しました

2011年12月6日 品川セミナー第22回情報を追加しました

2011年12月2日 第21回品川セミナー申込を開始しました

2011年11月15日 品川セミナー第21回情報を追加しました

2011年11月7日 第20回品川セミナー申込を開始しました

2011年10月2日 品川セミナー第19回情報を追加しました

2011年10月2日 品川セミナー第20回情報を追加しました

2011年9月2日 第18回品川セミナー申込を開始しました

2011年8月29日 品川セミナー第18回情報を追加しました

2011年8月5日 第17回品川セミナー申込を開始しました

2011年7月5日 品川セミナー第17回情報を追加しました

2011年7月4日 第16回品川セミナー申込を開始しました

2011年6月6日 品川セミナー第19回情報を追加しました

2011年6月3日 第15回品川セミナー申込を開始しました

2011年5月25日 品川セミナー第15回情報を追加しました

2011年5月13日 第14回品川セミナー申込を開始しました

2011年5月9日 第6回附置研究所・センターシンポジウム(京都)申込を開始しました

2011年4月22日 品川セミナー第14回情報を追加しました

2011年4月14日 第13回品川セミナー申込を開始しました

2011年3月7日 品川セミナー第13回情報を追加しました

2011年1月24日 品川セミナー第12回情報を追加しました

2011年1月11日 第10回品川セミナー申込を開始しました

2010年12月10日 第9回品川セミナー申込を開始しました

2010年12月1日 第6回附置研究所・センターシンポジウム申込を開始しました

2010年11月10日 第8回品川セミナー申込を開始しました

2010年10月15日 品川セミナー第10回情報を追加しました

2010年10月12日 品川セミナー第9回情報を追加しました

2010年10月12日 品川セミナー第8回情報を追加しました

2010年10月12日 第7回品川セミナー申込を開始しました

2010年9月30日 品川セミナー第11回情報を追加しました

2010年9月13日 第6回品川セミナー申込を開始しました

2010年8月27日 品川セミナー第7回情報を追加しました

2010年8月9日 第5回品川セミナー申込を開始しました

2010年8月2日 第6回附置研究所・センターシンポジウム「京都からの提言」情報を追加しました

京都大学附置研究所・センター
Kyoto University Institutes and Centers (KUIC)


第56回品川セミナー
平成27年1月9日(金) 17:30より
山室 信一(人文科学研究所長・教授)

第一次世界大戦と現代・世界

 

1914年7月、オーストリアからセルビアへの宣戦布告で始まった戦争は、落ち葉の季節までには終わるだろうとの予想を裏切って4年3ヶ月も続いた。この戦争には英・仏・ロ・日・米・中など連合国27か国とオーストリア・独・オスマン帝国など同盟国4か国が参加、アジアやアフリカなどの植民地からも兵士や労働者が動員されたことによって世界規模の戦争へと展開し、その死者は軍人と民間人を合わせて約2600万人にのぼったと推計されている。それは未曾有の大量殺戮をもたらした人類史上の重大事件であるとともに、「戦争と革命の世紀」そして「アメリカの世紀」と呼ばれる20世紀を刻印することとなった。

しかし、日本ではこの戦争について主たる戦場となったのがヨーロッパだったため、軍需景気による「成金」を生んだことで言及される程度の「遠い戦争」であり、「忘れられた戦争」と見なされてきた。確かに、時の元老・井上馨が述べたように「今回欧洲の大禍乱は、日本国運の大発展に対する大正新時代の天佑」とみなされ、結果的に日本は「五大強国」に列して南洋諸島を委任統治するに至った。ある意味では、「欧洲の大禍乱」にも拘わらず、日本は唯一この大戦で少ないコストで大きな権益を獲得できた参戦国となった。


ガスマスクを着用した塹壕戦(イープル・1917年)


破壊された都市・イープル


ヴェルダンにおける戦没兵士の墓

他方、イギリスやフランスでは、第一次世界大戦の戦傷者数が第二次大戦のそれを数倍するほど苛烈なものであったため、「大戦争(ザ・グレイト・ウオー)」と定冠詞をつけて呼ばれるのは第一次大戦を指している。ここに戦争の惨禍を再び繰り返してはならないとして戦争を違法化し国際連盟による集団的安全保障を追究し始めた国際社会と、戦争こそが資源を獲得し権益を拡張する最良の手段であるとする日本社会との意識のズレが生じ、そのことが「次なる大戦」を生み出す一因ともなったのである。

このような大きな認識の差を生んだ第一次大戦を東アジアないし日本という視座から、従来のユーロセントリズム史観の問題点を勘案しながら、いかに捉え、そして国際的にどのように発信していくべきなのか?――京都大学人文科学研究所の「第一次世界大戦の総合的研究」共同研究班では、2006年以降この研究課題に取り組み、人文書院から「レクチャーシリーズ」として既刊11冊、そして岩波書店から『現代の起点 第一次世界大戦』全4巻を世に問うてきている。

『現代の起点 第一次世界大戦』(岩波書店、2014年4月〜7月)

以上のような研究の経緯を踏まえながら、講演では私たちが提示している「世界性」・「総体性」・「現代性(持続性)」という基軸の意味を先ず説明することによって、なぜ第一次大戦が「現代の起点」となっているのか、そしてそもそも「現代」という時代の人類史における意味とは何なのかを御一緒に考える機会とさせて戴きたい。

そこで話題に取りあげてみたいのは、第一次大戦が総力戦という戦争形態に転じたことによって私たちの生活世界そのものの変容、さらに思想戦・科学戦となったことによって大学や研究という世界が大きく転換したことの意味である。

生活世界の変容は、大量消耗戦となった第一次大戦が大量生産・大量消費の生活システムを生み、大量消費を促すためのPRが商業化していったことに顕著に見られるが、それはまた情報操作による政治宣伝とも密接の関連するものであった。

戦時ポスター


他方、総力戦とは国民総動員体制を要件とするだけではなく、資源戦・工業戦・財政戦・科学戦・思想戦・心理戦などを戦いぬくことを意味するものであった。そして、毒ガス、戦車、航空機、潜水艦などの新兵器によって戦われるようになったため科学・技術研究体制の整備が必須の要請となり、科学者の育成と活用を図る「科学動員」が必須の課題となったのである。日本では科学戦への対応のために、大学付置研究所が作られ、理化学研究所も開設されたが、民間でも光学器械やバッテリーなどの技術開発が進んでいった。さらに、新大学令によって帝国大学以外の専門学校も大学へと昇格し、科学研究費助成が制度化されるなど今日の大学制度の起点は、第一次大戦に求めることができるのである。また、国民総動員の準備として、中等・高等教育の現場にも軍人が派遣されて「軍事教練」が実施されることにもなった。

この他、第一次大戦によって、国際体制としては「ウイルソン対レーニン」という言葉に象徴される資本主義対社会主義の「東西対決」の時代を生んだが、東アジア世界においては民族自決思想の影響を受けて朝鮮では三・一運動が、中国では五・四運動が起き、それが現在における日・中・韓関係に通底していることにも触れてみたい。



上:大正期の理化学研究所
下:東北帝国大学理科大学・臨時理化学研究所