附置研究所・研究センター


最終更新日
2015/12/03


更新情報

2015年10月02日 第67回品川セミナー申込を開始しました

2015年09月04日 第66回品川セミナー申込を開始しました

2015年09月03日 第68回品川セミナー情報を追加しました

2015年08月27日 第67回品川セミナー情報を追加しました

2015年08月07日 第65回品川セミナー申込を開始しました

2015年08月06日 第66回品川セミナー情報を追加しました

2015年07月15日 第65回品川セミナー情報を追加しました

2015年07月03日 第64回品川セミナー申込を開始しました

2015年06月05日 第63回品川セミナー申込を開始しました

2015年06月03日 第64回品川セミナー情報を追加しました

2015年05月13日 第63回品川セミナー情報を追加しました

2015年05月08日 第62回品川セミナー申込を開始しました

2015年04月15日 第62回品川セミナー情報を追加しました

2015年04月03日 第61回品川セミナー申込を開始しました

2015年03月09日 第61回品川セミナー情報を追加しました

2015年03月06日 第60回品川セミナー申込を開始しました

2015年02月06日 第60回品川セミナー情報を追加しました

2015年02月06日 第59回品川セミナー申込を開始しました

2015年02月06日 第59回品川セミナー情報を追加しました

2015年01月09日 第58回品川セミナー申込を開始しました

2014年12月15日 第58回品川セミナー情報を追加しました

2014年12月5日 第57回品川セミナー申込を開始しました

2014年11月25日 第57回品川セミナー情報を追加しました

2014年11月7日 第56回品川セミナー申込を開始しました

2014年10月10日 第56回品川セミナー情報を追加しました

2014年10月3日 第55回品川セミナー申込を開始しました

2014年9月5日 第54回品川セミナー申込を開始しました

2014年9月1日 第55回品川セミナー情報を追加しました

2014年8月1日 第53回品川セミナー申込を開始しました

2014年7月25日 第54回品川セミナー情報を追加しました

2014年7月22日 第53回品川セミナー情報を追加しました

2014年7月4日 第52回品川セミナー申込を開始しました

2014年6月6日 第51回品川セミナー申込を開始しました

2014年5月22日 第52回品川セミナー情報を追加しました

2014年5月2日 第50回品川セミナー申込を開始しました

2014年4月4日 第49回品川セミナー申込を開始しました

2014年1月15日 第9回附置研究所・センターシンポジウム「京都からの提言」(仙台)申込を開始しました

2014年1月10日 第46回品川セミナー申込を開始しました

2014年1月10日 第47回品川セミナー情報を追加しました

2013年12月6日 第46回品川セミナー情報を追加しました

2013年12月6日 第45回品川セミナー申込を開始しました

2013年11月27日 第45回品川セミナー情報を追加しました

2013年11月1日 第44回品川セミナー申込を開始しました

2013年10月10日 第44回品川セミナー情報を追加しました

2013年10月3日 第43回品川セミナー申込を開始しました

2013年9月6日 第43回品川セミナー情報を追加しました

2013年9月6日 第42回品川セミナー申込を開始しました

2013年8月6日 第42回品川セミナー情報を追加しました

2013年8月2日 第41回品川セミナー申込を開始しました

2013年7月19日 第41回品川セミナー情報を追加しました

2013年7月5日 第40回品川セミナー申込を開始しました

2013年7月2日 第40回品川セミナー情報を追加しました

2013年6月1日 第39回品川セミナー申込を開始しました

2013年5月15日 第39回品川セミナー情報を追加しました

2013年5月2日 第38回品川セミナー申込を開始しました

2013年4月5日 第37回品川セミナー申込を開始しました

2013年3月6日 第38回品川セミナー情報を追加しました

2013年3月1日 第36回品川セミナー申込を開始しました

2013年2月5日 第37回品川セミナー情報を追加しました

2013年2月1日 第35回品川セミナー申込を開始しました

2013年1月21日 品川セミナー第36回情報を追加しました

2013年1月18日 品川セミナー第35回情報を追加しました

2013年1月11日 第34回品川セミナー申込を開始しました

2012年12月12日 第8回附置研究所・センターシンポジウム「京都からの提言」(北海道)申込を開始しました

2012年12月10日 第33回品川セミナー申込を開始しました

2012年12月5日 品川セミナー第34回情報を追加しました

2012年11月9日 品川セミナー第33回情報を追加しました

2012年11月2日 第32回品川セミナー申込を開始しました

2012年10月5日 第31回品川セミナー申込を開始しました

2012年10月2日 品川セミナー第32回情報を追加しました

2012年9月7日 第30回品川セミナー申込を開始しました

2012年8月27日 品川セミナー第31回情報を追加しました

2012年8月3日 第29回品川セミナー申込を開始しました

2012年7月30日 品川セミナー第30回情報を追加しました

2012年7月19日 品川セミナー第29回情報を追加しました

2012年7月6日 第28回品川セミナー申込を開始しました

2012年6月1日 第27回品川セミナー申込を開始しました

2012年5月18日 品川セミナー第28回情報を追加しました

2012年5月11日 第26回品川セミナー申込を開始しました

2012年5月7日 品川セミナー第27回情報を追加しました

2012年5月1日 品川セミナー第26回情報を追加しました

2012年4月6日 第25回品川セミナー申込を開始しました

2012年3月2日 品川セミナー第25回情報を追加しました

2012年3月2日 第24回品川セミナー申込を開始しました

2012年2月29日 品川セミナー第24回情報を追加しました

2012年2月8日 第23回品川セミナー申込を開始しました

2012年2月6日 品川セミナー第23回情報を追加しました

2012年1月6日 第22回品川セミナー申込を開始しました

2011年12月6日 品川セミナー第22回情報を追加しました

2011年12月2日 第21回品川セミナー申込を開始しました

2011年11月15日 品川セミナー第21回情報を追加しました

2011年11月7日 第20回品川セミナー申込を開始しました

2011年10月2日 品川セミナー第19回情報を追加しました

2011年10月2日 品川セミナー第20回情報を追加しました

2011年9月2日 第18回品川セミナー申込を開始しました

2011年8月29日 品川セミナー第18回情報を追加しました

2011年8月5日 第17回品川セミナー申込を開始しました

2011年7月5日 品川セミナー第17回情報を追加しました

2011年7月4日 第16回品川セミナー申込を開始しました

2011年6月6日 品川セミナー第19回情報を追加しました

2011年6月3日 第15回品川セミナー申込を開始しました

2011年5月25日 品川セミナー第15回情報を追加しました

2011年5月13日 第14回品川セミナー申込を開始しました

2011年5月9日 第6回附置研究所・センターシンポジウム(京都)申込を開始しました

2011年4月22日 品川セミナー第14回情報を追加しました

2011年4月14日 第13回品川セミナー申込を開始しました

2011年3月7日 品川セミナー第13回情報を追加しました

2011年1月24日 品川セミナー第12回情報を追加しました

2011年1月11日 第10回品川セミナー申込を開始しました

2010年12月10日 第9回品川セミナー申込を開始しました

2010年12月1日 第6回附置研究所・センターシンポジウム申込を開始しました

2010年11月10日 第8回品川セミナー申込を開始しました

2010年10月15日 品川セミナー第10回情報を追加しました

2010年10月12日 品川セミナー第9回情報を追加しました

2010年10月12日 品川セミナー第8回情報を追加しました

2010年10月12日 第7回品川セミナー申込を開始しました

2010年9月30日 品川セミナー第11回情報を追加しました

2010年9月13日 第6回品川セミナー申込を開始しました

2010年8月27日 品川セミナー第7回情報を追加しました

2010年8月9日 第5回品川セミナー申込を開始しました

2010年8月2日 第6回附置研究所・センターシンポジウム「京都からの提言」情報を追加しました

京都大学附置研究所・センター
Kyoto University Institutes and Centers (KUIC)


第67回品川セミナー
平成27年12月4日(金) 17:30より
湯本 貴和 (霊長類研究所 副所長・教授)

世界の森に霊長類を探る

 

霊長類はヒトを含めたサルの仲間で、現在約350種がおもに熱帯、亜熱帯に生息しています。人間以外の霊長類のうち、ニホンザルはもっとも北に住む種であり、本州北部や九州高地では落葉樹林帯に生息するスノー・モンキーとして世界に知られており、冬季には樹皮や冬芽などを食べています。標高3500m以上の針葉樹林に住むウンナンシシバナザルは、世界でもっとも標高の高い地域に生息するサルで、地衣類であるサルオガセを食べて生活するなど特異な生態をもっています。しかし、霊長類の多くは常緑の森林に住んでいて、樹木の葉や果実を中心とした雑食性です。

多くの霊長類は、果実が大好物です。アフリカの熱帯林に住むチンパンジーやボノボ、東南アジアの熱帯林に住むオランウータンやテナガザルは果実を好んで食べます。チンパンジーと同じ熱帯林に住むゴリラも、熟した果実が豊富な季節は果実を好みます。しかし、果実が乏しい季節になると、チンパンジーは遠くまで果実を探しに行きますが、ゴリラは林床に生える草本に食物をシフトさせます。この草本食が常態化してコンゴ盆地東端の山岳地帯でアザミやイラクサを食べて暮らすのがマウンテンゴリラです。

以前ヤクシマザルを追跡していたころ、サルは次から次へ違った食物を探すことを知りました。霊長類は朝起きてから夜寝るまで、移動する、食べる、休息するという行動を繰り返します。6月にはサルの大好きなヤマモモが実ります。ヤマモモは甘くて、人間にとってもおいしい果実です。サルはヤマモモだけを食べるかというと、そうではありません。移動するたびに、葉を食べ、昆虫を拾い喰いして、わざわざヤマモモの果実以外を食べようとしているようにみえます。

なぜ、好物だけを食べ続けないのでしょうか。誰でも考える説明は、栄養を万遍なく摂る「栄養バランス説」でしょう。しかし、パンダはササばかり食べるし、コアラは特定のユーカリノキの葉しか食べません。基本的に動物は偏食なのです。その限られた食べ物で栄養が賄えるような代謝系と腸内細菌叢が備わっているのです。しかし多くの霊長類、そして私たちヒトは、さまざまな栄養素を直接摂り入れなくてはならないようです。

植物に含まれている毒を摂りすぎないためだという「毒蓄積回避説」もあります。もともと野生の植物は、動物に食べられないために化学物質、すなわち毒で武装しています。草本では強毒をもつものがいますが、樹木ではタンニンやフェノール類のように、同じ成分を多量に摂取すると症状が現れるタイプの毒をもつものが多いようです。具合が悪くなるほど毒がたまらないように、同じメニューを避けるという説は妥当な気がします。

しかも、ヒトは毒を加減して用いることによって、病原体や寄生虫と闘う薬として利用しています。ほとんどの人間社会は、独自の薬学をもっています。長い自然との付き合いの歴史のなかで、身の回りの植物から薬効のあるものを選び、病状に合わせた処方箋を伝えているのです。薬用植物を利用するのは、ヒトだけではありません。チンパンジーは、体調の悪いときに特定の植物の髄をしがんで苦い汁を飲んだり、体内寄生虫を駆除するために表面のざらざらした葉を飲み込んだりといった行動が知られています。

このように世界の霊長類をその食べ物と生息場所を中心にみていくことで、私たち人間の食生活などについて新しい示唆が得られるのではないかと研究を行っています。その際にフィールドワークだけではなく、味覚や嗅覚など感覚受容体、あるいは腸内細菌叢について、ゲノムサイエンスとの共同研究が今後ますます重要になってくると考えています。